顧客の把握をしておこう

michidoo post on 4月 12th, 2014
Posted in 耐久性

顧客管理をする上でぜひともやっておきたいのが「顧客の把握」です。
最近ではシステムで管理されており、名前や住所、生年月日などプロフィール情報が満載のケースが多々あります。

これは大変便利ですが、実際にどういったお客さんなのか?
まったくわからなければ、商売につながらないケースも存在します。
お客様がどういったものを要望しているのか?どういったものを好む人なのか?そうした点からも、戦略を検討したいところです。

顧客の把握ですが、来店履歴や詳細についても、記録を残しておきたいところです。
特に時間帯などで担当者が異なる場合、顧客とのやりとりにずれが生じる可能性も高いので、そのあたりも踏まえて検討したいところです。顧客管理については上記のこともしっかり把握し、対処していきたいところです。

お客様とのやり取りはまごころも大変、大事です。
そうしたことも念頭に置きつつ、管理体制を整えていきたいところですよね。
顧客管理ですが、パソコンやソフトなどで管理している企業も多いことと思います。

しかしながらすべて機械まかせなのではなく、自分たちでも対応のあり方について吟味することが大事です。
また顧客のふりわけについてもあらかじめおこなっておくと、大変便利です。

顧客のふりわけは、例えば高額の商品を購入する機会が多いお客様や利用頻度が高いお客様、月に5000円程度買い物利用するお客様など、ランク付けしておくことによって、管理も楽になります。

ランク付けで扱いを変えるというのではなく、あり方を変えることは大事なことです。
例えば高額な商品が入荷したら、高額の商品を買う確率が高いお客様に何らかの形で案内を出すといったものなどです。

このように色んなケースを想定しつつ上手に顧客管理のデータを利用することは、利益向上にもつながる可能性があります。
また業種によってもやり方が異なってくることと思います。
自分たちの業種に最適な形で顧客管理データを利用するのが、ベストと言えます。

 

顧客管理 おすすめ
顧客関係管理 – Wikipedia

Comments are closed

Comments are closed.