女性のアイテムパンスト

michidoo post on 1月 24th, 2013
Posted in 種類

パンストは女性のファッションの中でもはずせないアイテムの一つです。

正式にはパンティストッキングと言いますが、パンストと省略して呼ばれる事がほとんどです。

このパンティストッキングは英語ではなく、和製英語のようです。

履くと足を綺麗に見せてくれます。

毛穴や傷跡を消して、まっさらな綺麗な足にしてくれるので女性には大変人気です。

色も沢山種類があります。

肌色にしても、濃い肌色、薄い肌色、平均的な色の肌色などがあります。

カラーパンストだと、白やピンクなどもあります。

黒の少し分厚いものは、タイツと呼ばれ、パンストとは別ものとして考えられています。

結婚式やお葬式などではきちんとパンストを履かないと失礼にあたるとも考えられています。

お値段は1足で400円程度のものから2万円と言うものもあります。

安ければ安い程やはり破けてしまったり、伝線が行く事が多いです。

2万円クラスのものになると、4~5年も使えます。

伝線がパンストを捨てるきっかけになる一番の理由ですが、その伝線がいきにくいのでそんなに長い間使う事ができます。

会社に就職してまず一番にお金がかかるのがパンスト代だと言われています。

安いパンストを買ってしまうと、すぐに会社の机やコピー機にひっかけてしまい、伝線がいきます。

ひどい時には一日で伝線がいってしまった事があります。

そんな時は上記で述べた少し高めのものを買った方が、長い目で見ると経済的かもしれません。

最近では女子高生が防寒対策でもはいているようです。

そういう私も高校生の頃はよく履いていました。

タイツは禁止だったんですが、肌色のパンストだと自然に肌になじむので注意される事もありませんでした。

冠婚葬祭でパンストをはいて出席する際には必ず予備のものを準備しておきましょう。

上記で述べました通り、伝線がいく場合が多いので、すぐにでもはきかえられるように予備をバッグに忍ばせておくのがマナーだと思います。

もちろんいざという時はコンビニエンスストアなどで手軽に購入できますが、冠婚葬祭の時のように手軽に買いに行く時間がなかった場合困るので、予備はいつも携帯してあります。

パンストのお手入れは、洗濯をして干す際に日陰干しをする事です。

ポリウレタン・ナイロン糸が多く使用されているので熱に弱いんです。

なので長持ちさせる為にも日陰に干しましょう。

このようにパンストは女性にとって重要なアイテムです。

丁寧にケアして大切にしたいですね。

 

おすすめサイト
メス豚を満喫するための3つのステップ教えます!
メス豚に興味がある方へ。納得して遊ぶにはちょっとしたコツがあります。

Comments are closed

Comments are closed.