不動産投資には購入と投資信託がある

michidoo post on 3月 1st, 2018
Posted in 投資

ゼノン住販が分かりやすく不動産投資を解説します

資産運用として活用できる不動産投資ですが日本では2つのものがあります。
購入して自分で不動産物件を運営する方法はオーソドックスなやり方です。

大金が必要ですが、銀行を利用して融資を受ける事ができます。
収益物件の購入では住宅ローンよりも審査がゆるく通過しやすくなっているのが特徴です。

利回りは都会の物件だと大体4%から多くても6%くらいといえます。
少なく感じますが需要がかなり多いので十分利益を出す事が可能です。

特に都会の物件は人口が多いので利用者もたくさんいる、これにより空き部屋リスクを回避できるので危険性も低いといえるでしょう。
また物件の価値も高く資産として重宝します。

・投資信託は自分で物件を購入する必要がない

もう1つ投資信託と呼ばれるものもあるので必見です。
こちらは投資信託会社を利用して行うもので自分で物件を購入する必要がありません。
投資家からお金を集めて投資信託会社が運営を行ってくれるのが特徴です。

少額の資金から利用できるサービスで100万円の投資でも人気物件を運営できるのが魅力となっています。
利回りは6%近くあるので比較的高く収益を見込めるでしょう。
利益が出たときは投資家で分配する方式を採用します。

扱っている物件は投資信託会社により変化するので選定する事が可能です。
特定期間内の契約を行い契約期間になれば投資金額は帰ってくるので問題がありません。

再び続ける事もできるの気に入った会社があれば継続してみるのも良いです。
極めて安全性が高い不動産投資なので特に初心者におすすめと言えるでしょう。

・ゼノン住販のおすすめは?

こう見ると投資信託の方がリスクが少なく見えます。
いちよう自分で不動産投資をする場合も安全性を考慮した約束があるので必見です。

例えば銀行から融資を受けるときには団体信用生命保険に加入できます。
これはオーナーに不測の事態があったときに効果を発揮してくれるものです。
購入した物件のローンは0円になる、マンションやアパートは残された家族のものになるためその後の生活も安全といえます。

家族はマンションやアパートを使って収益を出し生活できるので夫が居なくなっても安定した生活が可能です。
マンションの管理に関しては管理会社に業務委託をすることができます。

家賃の回収からクリーニングやクレーム処理まで行ってくれるのが特徴です。
サラリーマンは管理会社に任せて副業として経営できるので便利といえます。
これらのサービスを使って理想の不動産投資を成功させましょう。

 

こんな記事もよく読まれています

ゼノン住販投資

Comments are closed

Comments are closed.