売れる商品と売れない商品の違い

michidoo post on 11月 20th, 2017
Posted in 未分類

商品パッケージで売れ方が変わる?

売れる商品と売れない商品では何が違うのかというと、商品力が違うことも多いのですが、最近は商品の中身よりは、商品の見せ方と売り方、広告が違うということがよくあります。

つまり、商品の中身ではなく信用で売れるか売れないのかが大きく変わってくるということがあるということです。

信用が同じ場合には商品の中身が重要になるのですが、そうでない場合はまずは信用となるということです。信用を得るには、商品に興味を持ってもらう見せ方をする必要がありますし、見てもらえるところに置く、配置するということも大切です。

そして商品を何度も見てもらうことで信用を得ることも大切になります。

まず、目につくのがパッケージですよね。お店で様々な商品が並んでいて目を引くのがぱっけーじのデザインだったり色彩だったりしますよね。

朋和産業は、パッケージを専門とした会社です。お客様に手にとって頂けるようなパッケージをご提供できるよう頑張っています。

次に、見せ方ですが、清潔感があることは当然ですが、商品にライトを当てるなどして全体が美しく見えるようにするということも大切です。

特に興味がないというような人でも、これ綺麗だなということから商品に興味を持ってもらうことが出来るということはよくあることなので、まずは商品を見せるということを意識するようにします。

これと店舗でもネットでもいえることです。店舗ではお客さんによく見られるところにある商品はよく売れるという事が今では当たり前になっています。

レジの横にある商品はこれ法則を利用して特に売りたい商品を置いているというようなことが行われていたりするのです。

棚でも売れる棚と売れない棚とがあることも明白です。つまり、人は見えるところにあるものをつられて買うことがあるとい
うことです。

売れる商品は広告と売り方だけ?

次は売り方ですが、これも大切です。

最近はネット販売という形で消費者に自由に見てもらって売るということも出来ますが、テレビ通販のように商品をさまざまな使い方と共に説明をすることで売るということも効果的だということが分かっています。自分の知らなかったような使い方を知るとこれは便利だと思うようなことがあるからです。

実演販売などもかなり上手い人になると多くの商品を売り上げることが出来ることも知られていますし、売り方によっても大きく商品の売れ行きは変わることになります。

そして、広告ですが、これが最も重要になるといってもいいでしょう。

基本的には広告はシンプルで覚えやすいことを繰り返すというのがいいと考えられます。

それによって商品を覚えてもらうことが出来るからです。商品を覚えるとそれを信用してしまうようになりますから、ちょっといいなと思うようなものがあると買ってしまうということになるのです。

Comments are closed

Comments are closed.