パンストで足美人に!

michidoo post on 1月 11th, 2013
Posted in 生地

夏は生足もいいですが、あらたまった場所では失礼にあたることがあります。

カジュアルな服装には、素足もいいですがビシッと決めたスーツに、生足はちょっといただけないですよね。

やはりストッキングは必需品です。

ストッキングには、足首までのタイプ、太ももまでのタイプ、そしてお尻から腰まで覆うタイプがあります。

足、お尻、腰まで全体的に覆うストッキングは、一般的にパンストと呼びますが、これが一番メジャーな商品ではないでしょうか。

やはりパンストを履くと、足がとても綺麗に見えます。

それに、何も履かずにパンプスを履くと足の裏に汗をかいてしまい、ベタベタして気持ち悪いです。

靴の中敷部分も汚れてしまいます。

パンプスを履く際には、パンストは必需品です。

今はパンストも色々な種類が沢山出ています。

着圧ストッキングは、足を適度に締め付けてくれるので、ムクミを防止してくれます。

足の部分によって、段階的に締め付ける商品もあります。

立ち仕事でパンストを履く方には、オススメです。

また、足首の部分にキラキラしたラメや、飾りが入ったパンストもあります。

デートや少しオシャレをしたい時に、さりげなく足首にポイントがあって、とてもかわいいです。

また、最近流行りのタトゥーストッキングというものがあります。

これは、パンストに柄がついており、履くと足にタトゥーが入ったように見えるものです。

若い人にとても人気があり、店頭でもよく見かけます。

ミニスカートに合わせても、かわいいです。

大胆なファッションが好きな方にオススメです。

また、パンストは伝線してしまうのが悩みですよね。

カサカサのかかとや、爪を立てて履くとすぐに穴が空いて伝線してしまうので気をつけましょう。

穴が空いてしまった時には、透明のマニキュアを塗ると、それ以上穴が広がりにくくなります。

また買って履く前に、少し湿らせ冷凍庫で一時間程冷やすという裏ワザもあります。

履く前は自然解凍します。

それだけで伝線しにくいパンストになります。

伝線しにくいストッキングというのもあるので、探してみるといいでしょう。

伝線したままのパンストは、女性として恥ずかしいです。

それに伝線ばかりしていると、パンスト代も馬鹿になりませんので、気をつけましょう。

また、パンストにも足のラインが綺麗に見えるものや、サイズも様々です。

足の大きさももちろん人によって違います。

自分に合ったパンストを見つけるのが一番大事です。

色々試して、パンストで足美人になりましょう!

 

【パンスト大好き.com】パンスト画像、動画が満載のフェチサイト
パンスト好きな人には堪らない画像、動画をお届け。パンスト尻、太もも、脚フェチの方に満足いただけるコンテンツが満載。パンストフェチ歴25年の管理人が運営。

Comments are closed

Comments are closed.