注文住宅を格安で建てる方法

michidoo post on 7月 13th, 2016
Posted in 耐久性

[広告] 東京住建 口コミ

いつかはマイホームを手に入れたいという人の中には、自分や家族のこだわりを反映させた住み心地が良い注文住宅を建てたいけれども、予算が少ないからあきらめて建売住宅や中古住宅を探しているという人が少なくありません。

注文住宅は、一般的に価格が高いというイメージがありますが、有名な芸能人や資産家が、好きなように贅を尽くして建てる豪邸でなければ、建売住宅と変わらないくらい安く建てることができることも多いのです。

注文住宅を建てるときには、土地と建物を購入することになり、支払いは土地と建物の合計金額になります。

まずは、安い土地を探すことで、建物にお金をかけることができることを覚えておくとよいでしょう。

安い土地には特徴があります。

鍵の手になっていたり、変形している土地、傾斜地などは価格が相場よりも安い傾向があるので、同じ予算なら便利な場所や広い土地を手に入れることができる可能性があります。

こだわりの建物を建てるときには、いろいろ思い入れがあると思いますが、基本的には、部屋の数や凝った造りが少ないほど価格を抑えることができます。

開放感があり、でこぼこが少ないリビングダイニングで作り付けの棚や飾りの柱などがないフラットな造りなら建売よりも安い場合もあるくらいです。

収納や飾りの柱、出窓や作り付けの棚などは、材料を多く使ったり、職人の手間、時間がかかるため費用が高くなる傾向があります。

また、子供部屋や寝室などが多い場合も費用が高くなります。

部屋数を少なくして、間仕切りなどで分けることも考えるとよいでしょう。

設備にも気を付けると、費用が安くなります。

設備を選ぶときには、使うかわからなくても多くの機能に心が動くものですが、最低限必要な機能だけがついているシンプルな物を選ぶことがポイントです。

なくても我慢できる設備は思い切ってつけない選択をすることも大切です。

また、設備は毎年新しいモデルが発売されますが、機能的には少々古くても不便がないことがほとんどなので、旧モデルから選ぶこともおすすめです。

Comments are closed

Comments are closed.